So-net無料ブログ作成

「あぁ、結婚生活」  [2008劇場公開]

married.jpg
Married Life 2007米
☆☆☆☆
監督・脚本:アイラ・サックス
原作:ジョン・ビンガム
出演:クリス・クーパー、ピアース・ブロスナン、パトリシア・クラークソン、レイチェル・マクアダムス

 1940年代のアメリカ。会社を経営する中年男ハリーが、ある日親友のリチャードを呼び出し、ケイという愛人がいること、妻パットと別れたいが離婚を切り出せずにいることを告白する。しかし、ケイを紹介されたリチャードは、魅力的な彼女に密かに恋心を抱いてしまうのだった。ケイと幸せな余生を送りたい、でも自分なしで妻は生きていけない、と思いつめた挙句、ハリーは妻の毒殺を計画する。

 長年生活を共にする夫婦でも相手の本心はわからない。パットにも実は若い愛人がいて、夫婦は互いに相手が自分一筋だと思い込んでいるところが滑稽である。親友の愛人に惚れてしまい、こそこそと猛アタックするリチャードの策略家ぶりも・・・。

 レイチェル・マクアダムスは、艶やかな笑顔で中年男性を虜にする魅力的な未亡人を好演。クリス・クーパー、ピアース・ブロスナン、パトリシア・クラークソンは、この歳でこそ出せる人間の可笑しさや哀れさが滲み出ていて、演技に味わいがある。この4人を中心にした大人の男女の人間くさい駆け引きが、終始ブラックな笑いを誘い、見応えある作品になっている。ハリーの企てた毒殺計画の展開にも緊張感があり、とても楽しめる心理サスペンスでした。

 劇場は年配の客がほとんどで4割ほどの入り。随所で笑いが起きていましたが、人それぞれツボが違うのだろうなぁと面白かったです。それにしても、理屈では説明し難い夫婦の絆・・・、結婚20年の私にとっても、なかなか考えさせられるものがありました。
nice!(1)  コメント(5) 

nice! 1

コメント 5

nao

まぁ、若い人が面白がるにも、参考にするにも向かない映画、
といえそうですが、それなりの経験者にはいろいろ楽しめ
そうですね。

女優さんの名前を聞いても顔が思い浮かばないし、男優さんもシブいところです。うーん、大人の映画!
by nao (2008-10-10 15:50) 

Naka

naoさん
こんばんは。
あと、夫婦の状況によっては、
楽しめない人がいるかも・・・(^^;)
パトリシア・クラークソンは、私は
『エイプリルの七面鳥』での演技が印象的でしたが、
naoさんも見覚えのある女優さんではないかと思います。
男優、久しぶりに見たピアース・ブロスナンは歳取ったなぁ
と思いましたが、二人とも渋くて素敵でした♪

by Naka (2008-10-11 00:40) 

frenchblue

こんばんは。
私が見に行った回もガラガラでした〜(苦笑)。
個人的には、予想とちょっと違った出来でした...

またあの作品のクラッシックな雰囲気は、
C・クーパーよりも古典的なハンサム顔のP・ブロスナンの方が作品にとけ込んでいてしっくりくるなあ。と思ってしまったりして。
多分舞台が現代だったら、C・クーパーの普通っぽさの方がぴったりなのかもしれませんね。

P・クラークソンはイイ女優さんですよね。
「エイブリル〜」は作品も良い意味でインディテイスト溢れる作品でした。

by frenchblue (2008-10-11 22:34) 

Naka

frenchblueさん
こんにちは。
私は、夫婦ってそーいうもんだよなぁ、
と妙に納得させられました。
原作者ジョン・ビンガムはイギリスの作家みたい
ですが、舞台がアメリカなら、もう少し軽快なテンポ
でも良かった気がするし、
この雰囲気ならイギリスの俳優が演じた方が
良かったのかな(Pブロスナンはそうですね)
とも思いました。
by Naka (2008-10-12 16:24) 

Naka

DSilberlingさん
nice!をありがとうございました!

by Naka (2008-10-12 16:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。