So-net無料ブログ作成
検索選択

「恋する神父」 [★★]

恋する神父 スタンダード・エディション 2004 韓 (DVD)
 真面目な神学生が、奔放な娘と出会い、聖職と恋の煩悩との狭間で苦悩する様を描いたラブコメディ
 これだけでも映画の中身は見え見え。だけど僅かの期待に賭けてみようと見たものの、やっぱり私にはダメでした。長身のクォン・サンウの神父服姿は格好良いし、気の強い女性に翻弄される情けない姿は母性本能をくすぐる、のかも。一方、ハ・ジウォンは、スタイルは抜群だし、破天荒な行動が可愛く、男心をくすぐるタイプ、・・・なのかも。(^^ゞ 主人公の友人や、世話になる神父など、周囲の人物をもっと丁寧に描いてあったら印象も少しは違っていたかも知れないが、ストーリー展開や演出が強引で、全然甘くも切なくもなく、なのにやたら涙を流すクォン・サンウに引いてしまいました。私には合わなかったみたい。(^^ゞ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「世界の中心で、愛をさけぶ」  [★★]

2004 日 (TV)
先日TV放送されたので、やっと観ることができましたが、私にはダメでした。
出会い、白血病、結婚写真、婚姻届、テープ、オーストラリア行き、とどれを取っても、綺麗に描かれ過ぎ。恥ずかしくなってしまう。(^^; そこにあるのはただ二人だけの世界で、家族や友人など話に最小限必要ある部分しか出てこないし。現実味とか奥行きがもっと欲しかった。
長澤まさみは確かに光るものはあるけど・・・あとは好き嫌いの問題かしら。それとも、伝わるものがなかった一番の原因は、純粋さを失った私にあるのか?!。何しろ社会現象になるほど大ヒットした作品なんですよね・・・。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「血と骨」 [★★]

血と骨 通常版2004 日 (DVD)
うーん、暗い。重過ぎ。そして金俊平の凶暴さに拒否反応の連続でした(^^;。移民朝鮮人社会を通して戦後の日本の閉塞感は伝わって来たし、逃れることができない”血”の絆みたいなものは考えさせられたが。読んでないけど原作はきっと怖くて読めない。
ビートたけしは熱演でしたが、時々どうしても”たけし”本人に見えてしまって落ち着かない。新井浩文、田畑智子は、文句なく良かった。日本アカデミー助演男優賞は新井浩文にあげて欲しかったくらい。オダギリジョーも体を張ってド迫力の演技でしたが、なにしろ出番が少ないし(実は彼を見てみようかなと思って借りたのですが ^^;)。濱田マリ、柏原収史、北村一輝、國村隼、寺島進、松重豊なども渾身の演技で、役者陣は皆見応えありました。とんでもないパワーのある作品であることは確かだけど、、、。(^^;


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ」 [★★]

2005 日
先週、小3の次女に誘われて行って来ました。長女と私は気が進まなかったんだけど・・・(^^;
ところがなかなか良かったです。ルカリオと主人、ピカチュウとサトシ、サトシ一行とルカリオ、それぞれの心の交流が分かり易く、温かく描かれていて、子供にはとても好ましい内容だったと思う。平和へのメッセージも込められていたし。
初めて最後まで寝ずに見た(本当は少し寝た ^^;)のですが、「ポケモン」って割と真面目な作品なんですね( ̄▽ ̄;)。キャラクターも可愛い。ルカリオの大人びた(大人なのか?!)話し方は可愛くなかったけど(笑)。
劇場でキャラクタのマスコット写真)をもらって更に満足。それも私の分まで(^^)。そしてこの日以来、我が家では「ウソ、ウソー」と鳴く(?)のが流行っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「交渉人 真下正義」 [★★]

2005 日本
先週の映画サービスデー、娘2人を連れて観てきました。(まさか映画館で観ることになるとは! 笑)
しかし、テンポの良いストーリーと、事件に当たる警察や鉄道会社職員たちの人間模様がなかなか面白く描かれてあり充分に楽しめました。ただ、終わってみると交渉人の働きがプロとしてはイマイチ?な印象ですが。(^^;  あと犯人像が??  SATとかSITとかフリーゲージとか、専門用語やその説明が多いので、娘には難しかったかも。。。と思い、後で感想を聞いてみたら「面白かった~」とのこと。ホンマかなぁ(笑)。まぁ、2時間無言で何かをする訓練にはなったと思います(^^;
私の目には主演のユースケ以上に目立っていた、マザコンの國村隼、チンピラ風の寺島進がキャラ的に好きでした(笑)。


nice!(0)  コメント(0) 

「クローサー」 [★★]

2004 米
四人の男女が複雑に絡まっていく恋愛模様は、男女間の裏切りや嘘、人間の身勝手さ、狡さ、残酷さ、醜さが実にあからさまに描かれていて、あきれてしまいました(苦;)。根底に真の愛が感じられれば、その様も切なく情緒があったでしょうが、皆、自分の見栄、プライド、復讐心の為に行動しているとしか思えなかった。中でもアンナの行動が私には一番理解できなかったけど、私の読みがまだまだ浅いだけなのでしょうか(?)。
C・オーウェンとN・ポートマンは助演でアカデミー賞にノミネート、またゴールデングローブ賞を受賞だけあって、確かに上手かった。このJ・ロウも決して嫌いではない。役者の演技は楽しめたが、どこか満たされない思いの残る作品でした。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。