So-net無料ブログ作成
検索選択

「アイアンマン」 [2008劇場公開]

ironman2.jpg
Iron Man 2008米
☆☆☆☆
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジェフ・ブリッジス、テレンス・ハワード、グウィネス・パルトロー、ショーン・トーブ

 マーベル・コミックのヒーロー、”アイアンマン”の実写映画化作品。以下、ちょっと長くなりますが、あらすじです。

 資産家で天才発明家、巨大軍事企業スターク・インダストリーズのCEOで、優雅な毎日を送るプレーボーイのトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日、新型兵器の実験で訪れたアフガニスタンで、テロ集団に拉致される。人工心臓で一命を取り留めたトニーは、テロ集団がスターク社製の兵器を多数使用している現実に愕然とする。
 武器製造を強制され監禁される中、彼は自らが装着する武器、人工心臓アーク・リアクターを原動力とするパワードスーツを開発するのだった。このスーツの完成によって、トニーはテロ集団の基地を脱出、命からがら帰国を果たす。
 直後、トニーは兵器産業からの撤退を発表。自宅に篭り、新たなパワードスーツの開発に没頭する。かくして何度も試行錯誤の後、完成されたパワードスーツを装着し、”アイアンマン”となって、テロ集団の手に渡った兵器を破壊するために、立ち上がるのだった。
 その頃、スターク社の幹部オバディア(ジェフ・ブリッジス)の陰謀が明らかに。オバディアは、同じくパワードスーツ”アイアンモンガー”を開発し、アイアンマン=トニーに立ちはだかる。信頼する秘書ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)、軍人の親友ローディ(テレンス・ハワード)に協力を得ながら、トニーは巨大な敵に立ち向かう。

 
 まず、”アイアンマン”完成までのドラマがとても面白かった。トニーの辿る運命と、人生への開眼。パワードスーツを自身の手によって開発し、失敗を繰り返しながら改良を重ねる過程。これらが丁寧にひとつひとつ描かれていて、わくわくさせられました。

 そして、完成したパワードスーツの格好良いこと。最新兵器を装備したボディ、音速飛行可能なジェットエンジン。人間が生み出した物という設定がリアリティを感じさせ、その造形の美しさは、実写ならではの迫力でした。

 ロバート・ダウニー・Jrは当作品で、完全復帰を確信させてくれました。密かに応援していた者としては感慨深いものがあります。彼の確かな演技力が、トニーの生き方に説得力を与えている。更に、オバディアの狡猾さ、トニーとローディとの協力関係、またトニーとポッツのデリケートな絆など、演技派の俳優陣が集結したからこそ、心にぐっとくるドラマが出来上がったのだと感じました。

 ひとことで言うと、成熟したヒーローもの、という印象です。単なるヒーロー賛歌でも、テロ批判でもなく、闇取引される兵器、その兵器を破壊するために新たな兵器を造る、そしてそれが更なる兵器を生む、という軍需産業の皮肉を描いているところが各国で大ヒットしている所以かなと思います。

 ところで、マーベル・コミック界では、各主役がコラボレートして新たな作品を作り上げているそう。その新たな世界も含めて、続編を匂わすシーンが、エンドロールの後に披露されており、今後の期待が高まります。

ironman1.jpg
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「レッド、ホワイト&ブルース」  [2008DVD等]

レッド、ホワイト & ブルースRed,White And Blues
2003米 ☆☆☆☆
監督:マイク・フィギス
出演:エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ジェフ・ベック、トム・ジョーンズ、ヴァン・モリソン、ルル、B・B・キング、他


 2003年にアメリカブルース生誕100年を記念し、マーティン・スコセッシ製作総指揮のもと、音楽を愛する監督たちがアメリカの音楽のルーツであるブルースをそれぞれの熱き想いで綴った7本のドキュメンタリー集“THE BLUES Movie Project”の中の1本。自身ミュージシャンでもある「リービング・ラスベガス」のマイク・フィギス監督が、イギリスの音楽シーンを振り返り、ブリティッシュロックのルーツとしてのブルースを検証していく。(allcinema.netより)

 音楽通の友達にお借りしたDVDです。THE BLUES Movie Projectの中では、以前にイーストウッド監督の「ピアノ・ブルース」を観て、ブルースの魂、生命力溢れるピアノ演奏の数々に圧倒されました。当作品では、イギリスにおけるミュージシャンたちの活動を通してブルースの歴史を追っています。

 60年代以前、アメリカの白人社会で、ないがしろにされていた黒人によるブルースが、イギリスのミュージシャンたちによって発掘され、ブルース・ロックとして人気を博していく。それが、やがてアメリカでのブルースの再評価を生んだという。

 魂の叫びとも言えるミュージシャンたちの演奏はどれも聴き応えあります。多彩に盛り込まれたインタビュー、演奏シーンから、人種や国籍を超えて繋がって行く音楽の素晴らしさとパワーに改めて感動しました。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「ONCE ダブリンの街角で」 [2008DVD等]

once.jpgDVD
Once 2006アイルランド ☆☆☆☆
監督・脚本:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ヒュー・ウォルシュ、ゲリー・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、ゲオフ・ミノゲ


 舞台はアイルランドのダブリン。ギターを演奏し路上で自作の歌を歌うミュージシャンの男。ある日、チェコ移民の若い女性が気軽に彼に話しかける。花売りや掃除婦の仕事をしながら家族と慎ましく暮らす女の唯一の楽しみは楽器店でピアノを弾かせてもらうこと。ある日彼女の演奏に感銘を受けた男は、一緒に曲を演奏しようと彼女を誘うのだった。

 互いに距離を置きながらも惹かれあう二人。たっぷりと挿入された歌が、男女の心の微妙な揺れを、台詞以上に雄弁に物語って行きます。時に激しく、時にしっとりと、聴かせる歌の数々には、それぞれの想いがこもっていて、胸を締め付けられました。

 ラストの二人の決断が、何とも切なく、それでいてとても清々しい。

 主演のグレン・ハンサードは、アイルランドの人気バンドのメンバー、若い女性を演じたマルケタ・イルグロヴァは、チェコのシンガーソングライター、そして、監督は元ミュージシャンとのこと。美しいアイルランドの街並みと、男女の儚い恋物語に、自然に溶け込むような歌の挿入の仕方が素晴らしいと思いました。

 歌を愛する人たちによる手作り感がとても心地良い、思わずサントラCDが欲しくなる、素敵な映画でした。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ウォンテッド」 [2008劇場公開]

wanted.jpg
Wanted 2008米
☆☆☆
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン

 職場では上司に怒鳴られ、恋人は同僚に寝取られ、冴えない毎日を送る青年ウェスリー。ある日立ち寄った店で、突然激しい銃撃戦が始まり、ウェスリーはフォックスという美女に助けられる。彼は、秘密の暗殺組織”フラタニティ”の存在と、そのメンバーだった父が敵に殺されたことを知らされる。また自身も暗殺者としての素質を備える組織の後継者だと知った彼は、父の復讐を誓い、厳しい訓練に耐え暗殺者としての能力を覚醒させていく。

 ”新次元”の名がまさに相応しく、独創的でドラマティックアクションの数々に目を奪われました。そして、そこに仕掛けられた漫画のような演出には思わず笑いが込み上げます。

 突っ込み所満載のストーリーに唖然とさせられながらも、革新的で現実離れしたクールな映像は刺激的で、観て損はなかったと思いました。

 主演のジェームズ・マカヴォイは出ずっぱりで、どうしようもなく情けない男から、鍛え抜かれた強い男に見事に変身。彼のいろんな表情が見られて、ファンとしてはとてもおいしい映画だと言えるかも知れません。一方、アンジェリーナ・ジョリー演じる女スパイも素晴らしい。サディステックな役が本当に似合う人だと感心しきりでした。この二人の雰囲気、キャラの対比が効いていたのではないかと思います。
nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「うつせみ」  [2008DVD等]

utsusemi.jpgCS放送
(シネフィル・イマジカ)
2004韓日
☆☆☆☆
監督・脚本・製作:キム・ギドク
出演:イ・スンヨン、ジェヒ、クォン・ヒョコ、ミンギュ

 留守宅に忍び込み、我が家のように振舞う生活を続ける青年テソク。ある日忍び込んだ豪邸で、夫の束縛を受け監禁同然の生活を送る美しい女性ソナと出会う。ソナの夫を襲い共に逃げた二人は、留守宅を転々とする生活を送るように。しかし、ついにテソクは逮捕され、ソナは元の生活に引き戻されてしまう。。。

 どうやってこんな発想が生まれたのか、と思うほど斬新でシュールなストーリー。二人の会話をほとんど廃し、テソクとソナの行動と表情を丁寧に追う映像。これらによって、二人の魂の強い結びつきが、観る者の心にリアルに刻まれて行くという、不思議な感覚を味わいました。

 不確かな存在の肉体に対して、見えないけれど精神=愛は確実に存在するのだと、確信させてくれるラストは感動的でした。こういう作品を観ると、人間って凄いなぁと思わずにはいられません。

 キム・ギドク監督作品を観たのは初めてでしたが、独特の世界観が実に魅惑的です。第61回ヴェネチア国際映画祭で監督賞他全4部門を受賞したという実績も、なるほどとうなづける素晴らしい作品でした。韓国語の原題は『空き家』で、英語題は『3-IRON』(ゴルフの3アイアン)ですが、より深い意味と響きの良さを感じさせる邦題が秀逸だと思います。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「おくりびと」 [2008劇場公開]

okuribito.jpg
2008日 ☆☆☆☆
監督:滝田洋二郎
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、 杉本哲太、峰岸徹

 所属するオーケストラが解散。チェロ奏者の夢を諦め、妻と共に故郷の山形に帰った大悟が、旅行代理店だと勘違いして面接を受けた会社は、遺体の納棺を請け負う会社だった。採用を断れないまま、大悟は”納棺師”として働き始めるのだったが。

 死人を扱う仕事に最初は躊躇していた大悟だが、社長佐々木の仕事ぶりを見ていくうちに、”納棺師”という職業への理解を深め、やがてはその仕事に使命感を見出して行く。

 納棺の儀式を、こんなにじっくりと見たのは初めてでした。粛々と、遺体を清め、死化粧、死装束を着せていく大悟。じっと見守る遺族たち。そんなシーンが何度も登場しますが、漂う崇高な空気感に、不思議な心地良さを覚えました。

 そこに在るのは、死者への深い敬愛の心のみ。悔恨、怒り、悲しみといった遺族の様々に入り乱れる感情を、ひとつの愛に昇華してくれるような、納棺師の役割の大きさに、ただただ感銘を受けました。

 「死は普通のこと」という大悟の言葉が印象的です。”納棺師”の姿は、死を正面から見つめることで、生きることの尊さが真にわかるのだと教えてくれているように思いました。「父の人生は何だったのだろう?」と問いかける大悟自身が、父の遺体を前にしてその答えを見出したように。

  時にユーモアを交え、しかし決して大袈裟にならず、あくまで謙虚に人の生と死を見つめているところに好感が持てる作品でした。山崎努、本木雅弘のそれぞれの演技、そして二人の奏でるハーモニーが素晴らしかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「パコと魔法の絵本」 [2008劇場公開]

paco.jpg
2008日 ☆☆☆
監督:中島哲也
原作:後藤ひろひと(舞台『ミッドサマーキャロル』)
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也

 先々週、娘と一緒に観てきました。

 風変わりな患者ばかり集まる病院。交通事故で両親を失ったうえ後遺症で1日しか記憶が持たない少女パコは、毎日同じ絵本『ガマ王子VSザリガニ魔人』を読んでいる。病院一の嫌われ者、傲慢で傍若無人な老人大貫にも無邪気に話しかけるパコ。最初は意地悪にパコを突き放す大貫だったが、彼女の無垢な心に触れ、優しさを取り戻していく。「パコの心に何か残してやりたい!」大貫の提案で、患者と職員全員で、パコのために劇を製作することに・・・。

 特殊メイクにCGを駆使したド派手な映像。極端なキャラクター設定。面白おかしいのですが、めまぐるしい展開に後半はお腹いっぱいという感じでした。あまりに奇をてらった演出に、感動が萎えてしまった部分も・・・。

 「ゲロゲーロ、ゲロゲーロ、・・・」とパコが絵本を繰り返し読むリズミカルな響きは楽しかった。また、劇の製作を通して明らかになる、登場人物たちの苦悩や挫折。人のために何かすることで、彼らもまた自らの心に希望を取り戻して行く様子に心温まりました。

 単純明快なストーリーで、子供と一緒に観るには、とても良く出来た作品という印象でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「幸せの1ページ」 [2008劇場公開]


 Nim's Island 2008米
 ☆☆☆
 監督:マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット
 原作:ウェンディー・オルー『秘密の島のニム』
 出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー

 妻に先立たれた海洋生物学者ジャックとその娘ニムは、豊かな自然に囲まれた南の孤島で、二人幸せに暮らしていた。ところがジャックが船で海洋調査に出掛けたある日、激しい嵐がやって来る。島で一人待つニムは、ジャックと連絡が途絶えて途方に暮れ、彼女の愛読書のヒーロー、アレックスローバーにメールで助けを求めるのだった。
 アレックス・ローバーは、ベストセラー冒険小説のヒーローであり、著者のアレクサンドラ・ローバーは、新作の資料提供を頼むため、ジャックにメールを送ったのだった。ニムは、それを小説中のアレックス本人だと思い込み、彼女とメールのやり取りをしていた。
 ニムからのSOSに動揺するアレクサンドラ。強度の潔癖症で外出恐怖症の彼女だったが、想像上のヒーロー、アレックスに勇気づけられながら、ニムの島を目指して出発する。

 ジャックとニムの親子の絆、ニムが観光客を追い払うために奮闘する姿、トカゲやアシカなどの表情豊かな動物たち。・・・なかなか楽しめました。

 ニムを演じたアビゲイル・ブレスリンがとにかく可愛くて、魅力的です。原題が”Nim's Island”からしても主人公はニムですが、文字通り、アビゲイルちゃんの存在があっての映画という感じでした。

 引きこもりの小説家アレクサンドラを演じるのはジョディ・フォスター。今まで見たことのないような、コミカルなジョディの演技が見られます。そのドタバタぶりがやや鼻についたりしましたが、全体的にはシンプルにまとまっていて、子供向けの映画としては良かったのではないかと思います。

 小説の中のヒーローが出てきて喋るという設定は好きでした。優しく逞しい父親ジャックと、インディ・ジョーンズのような衣装に身を包んだワイルドなアレックス。ジェラルド・バトラーが2役を楽しそうに演じていて、素敵でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デトロイト・メタル・シティ」 [2008劇場公開]

det.jpg2008日 ☆☆☆
監督:李闘士男
原作:若杉公徳
出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、宮崎美子、松雪泰子、ジーン・シモンズ

 ハリウッドリメイクがあるとかないとか。DMC人気凄いですね。8月に観て来ました。

 オシャレなポップミュージシャンになることを夢見る純朴な青年、”根岸くん”。しかし、現実は、悪魔系デスメタルバンド”デトロイト・メタル・シティ(=DMC)”のボーカル、”クラウザーさん”としてカリスマ的人気を得てしまった。その皮肉を、ギャグ満載で描いた作品です。

 ”根岸くん”と、”クラウザーさん”を、複雑に演じ分けた松山ケンイチの演技は見所になっています。夢と現実とのギャップに葛藤する姿には、ついつい共感させられるし、松雪泰子、細田よしひこ、大倉孝二などの、脇を固める極端なキャラクターたちも笑えました。

 ただ、あまりに過激な台詞や歌詞の数々は正直キツかったです。聞くところによると、原作のマンガの方がもっと凄いらしい?ので、実写だと返って生々しく思えてしまうのかも、とも・・・。なにやら、映画で使われた曲がCD発売され、物議を醸しているみたいですが、さもありなんと思います。

 映画のラストは、ほろ苦いところが良かったと思います。”才能を持つ者は、それを生かす使命がある。”という女社長の言葉が印象的でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フェルメール展に行ってきた [芸術]

vermeer.JPG 東京都美術館、企画展「フェルメール展 ―光の天才画家とデルフトの巨匠たち―」に行ってきました。平日の朝早めの時間ということもあって、入場者もまだ比較的少なく、ゆったりと観ることができました。

 1632~1675年の生涯でフェルメールが残し現存する作品はたったの30数点。欧米各国の美術館などに所蔵されているそれらの作品のうち、7点(うち5点が日本初公開)が一同に鑑賞できたのは、幸せなことだと改めて思います。

 フェルメールの作品は、人物画しか知らなかったのですが、風景画も2点現存していて、今回展示されたそのひとつ『小路』が新鮮でした。あと特に印象的だったのが、上のちらしにも使用されている『手紙を書く婦人と召使い』。光と影の繊細な表現や構図の美しさには、思わず吸い込まれそうになりました。

 その他、オランダのデルフトで同時代活躍した画家の作品が数多く展示されており、興味深く鑑賞しました。17世紀に生きた画家や、描かれた人物、街、建物の魂が、時代を超えてそこに息づいているかのような、幻想的な気持ちに誘われました。

 12月14日まで開催されているので、もう一度位行けるといいなと思っています。

 <展覧会公式HP>
 東京都美術館
 http://www.tobikan.jp/ 
 TBS
 http://www.tbs.co.jp/vermeer/jpn/index-j.html
 朝日新聞 
 http://www.asahi.com/ad/clients/vermeer/index.html

 今月こんなドキュメンタリー作品も公開されるみたいですが・・・。
 stolen.jpg
 「消えたフェルメールを探して 絵画探偵ハロルド・スミス」
 http://www.uplink.co.jp/kietavermeer/

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。